ブログアーカイブ

暗黙知

ハンガリーの哲学者マイケル・ポランニーの有名な言葉に「暗黙知」(あんもくち)があります。暗黙知とは、言葉では説明できないような知識を意味しています。たとえば、自転車の乗り方は、言葉ではとても説明できません。お父さんやお母

カテゴリー: 大願寺, 大願寺だより, 檀信徒, 法話

真心に阿弥陀様をお迎えしましょう

阿弥陀様は、心から信じ願って私の国(極楽)に生まれたいと欲したならば、一生涯を尽くすお念仏から十声一声のお念仏であっても、必ず往生すると誓われています。 その誓いに大安心を得て、この愚かな私を救って下さる阿弥陀様を親のよ

カテゴリー: 大願寺, 大願寺だより, 檀信徒, 法話

アミタ(はからいを超えた命の根源)

私達が、物を見たとき、音を聴いたとき、物がこのように見えること、音がこのように聞こえることはとても不可思議なことです。 現代科学では、目・耳と脳の働きによって、物が見え、音が聞こえると説明します。 しかし、目や耳、そして

カテゴリー: 大願寺, 大願寺だより, 檀信徒, 法話

不離仏・値遇仏

大願寺を開かれた浄土宗二祖にあたる聖光(鎮西)上人の『徹選択集』というお書物に 問うて曰く、念仏三昧(ねんぶつざんまい)とは何の義ぞや。 答えて曰く、念仏三昧とはこれ不離仏(ふりぶつ)の義なり。 問うて曰く、不離仏とは何

カテゴリー: 大願寺, 大願寺だより, 檀信徒, 法話

柔らかな心

信仰とはまず柔らかな心を持つことです。 「私の信じている事のみが正しい。他は正しくない」というのは柔らかな心ではありません。このような心のことを仏教では邪見・偏見といい、争いの原因になります。 私達の計らいを超えた阿弥陀

カテゴリー: 大願寺, 大願寺だより, 檀信徒, 法話