月別アーカイブ: 9月 2012

お彼岸法要を終えて

 毎年秋分の日に行われる彼岸会ですが、今年はうるう年の関係で22日になり、なんとこの日になるのは116年ぶりだそうです。  昔から暑さ寒さも彼岸までと申しますが本当に涼しくなり、また台風の影響下で天候不順が続いていました

カテゴリー: 大願寺, 檀信徒

怒っている人に

お釈迦さまが王舎城の近く、竹林精舎というところにいたときのこと。そこに、バラモン教の僧侶の男がやってきました。どうやら、その男の家族が、バラモン教を捨てて、仏教の僧侶になったことに腹をたてているようです。 その男がお釈迦

カテゴリー: 子供と一緒に, 月刊誌「ひかり」, 法話

弁栄聖者の俤(おもかげ)21

熊野好月著『さえられぬ光に遇いて』15 随行記(つづき)  寺内の方々の連日連夜の御看護のおつかれをしばらくでも代わらせて載きたく、早速お枕辺に侍する事になり、お念仏申し申しむくんでいるお足をおさすりしたり、氷のうをかえ

カテゴリー: 弁栄聖者の俤, 月刊誌「ひかり」

ひかり2012年09月号

ひかり9月号

弁栄聖者 今月の御道詠 ならくがに 久しくうけむ 苦しみを すくひかへてぞ けふのいたつき 『御慈悲のたより』下 コンテンツ 05 光明会各会所年間行事 06 聖者の俤(おもかげ)其二十一 熊野 好月 08 光明主義と今

カテゴリー: 「ひかり」目次, 月刊誌「ひかり」

名号の不思議02

──超越即内在の動態(ダイナミズム)── 光明修養会上首 河波 定昌 名号はあらゆる人間のいとなみの中でも実に不思議の極みであります。副題に掲げた超越即内在(あるいは内在即超越)における殆ど死語ともなっている超越や内在と

カテゴリー: 上首法話, 月刊誌「ひかり」, 法話