月別アーカイブ: 7月 2012

ひかり2012年07月号

ひかり誌2012年07月号表紙

弁栄聖者 今月の御道詠 神聖の 聖旨はひとの 最と高き  良心とは 現はれぞすれ 『ミオヤの光』 05 光明会各会所年間行事 06 聖者の俤(おもかげ)其十九 熊野 好月 08 光明主義と今を生きる女性 佐藤 蓮洋 10

カテゴリー: 「ひかり」目次, 月刊誌「ひかり」

念仏生活の助け1

お経を読むこと 南無阿弥陀仏とお念仏をお称(とな)えすることは、私の力ではなく、阿弥陀様のもっとも勝れた力を頼りに救われていくものですから、本来他の難しい修行は必要ありません。 しかし、そんな強力なお念仏であっても、私た

カテゴリー: 大願寺, 大願寺だより, 檀信徒, 法話

弁栄聖者の俤(おもかげ)19

熊野好月著『さえられぬ光に遇いて』13 随行記(つづき) 後の百万遍知恩寺の御法主桑田寛随上人はその当時、知恩院の法教課長の要職にあられながら常に私共在家のものの集りにも御出席下され、礼儀もわきまえぬものをも寛容の心をも

カテゴリー: 弁栄聖者の俤, 月刊誌「ひかり」

見まもるほとけさま2

ヒロくんとお父さんは食べものに困りスイカ畑へいきました。 そして、畑の通路のこかげにヒロくんをかくれさせ、 「いいか、だれか人がこないか、ここでちゃんと見張っているんだぞ」 そういうと、お父さんは畑の奥に入っていきました

カテゴリー: 子供と一緒に, 月刊誌「ひかり」, 法話