月別アーカイブ: 12月 2012

名号の不思議04

念声是一について 光明修養会上首 河波 定昌 さきに「名体不離」について述べました。すなわち阿弥陀仏の名号と阿弥陀仏ご自身の三身四智等の一切の功徳等の内容とが一体であるとのことを述べました。そしてそれを展開されたのが法然

カテゴリー: 上首法話, 月刊誌「ひかり」, 法話

弁栄聖者の俤(おもかげ)24

◇〈聖者ご法話〉 聞き書き その一(別時の説教) 自分は高等学校の入学試験に苦戦して以来、神経衰弱で、そのため記憶力が弱く、あたら説教を忘れては惜しいと思い、常に弁栄上人のお言葉を書きとどめ、以て後日に備えた。それが今、

カテゴリー: 弁栄聖者の俤, 月刊誌「ひかり」

相手に応じたアドバイス(対機説法)その一

お釈迦さまは、弟子や信者の方が正しい道を歩むために、その人に応じたお説法をされました。 その弟子の中に、ウパリという者がいました。彼は僧侶となる前、身分が低く、学問などせず、ただ一生懸命、人にお仕えすることが仕事でした。

カテゴリー: 子供と一緒に, 月刊誌「ひかり」, 法話

ひかり2012年12月号

ひかり12月号

弁栄聖者 今月の御道詠 まごころに 御名よぶ人は おくゆかし こころのそこに 弥陀はまします 『御慈悲のたより』上 コンテンツ 05 光明会各会所年間行事 06 聖者の俤(おもかげ)其二十四 中井 常次郎 08 名号の不

カテゴリー: 「ひかり」目次, 月刊誌「ひかり」