ブログアーカイブ

名号の不思議04

念声是一について 光明修養会上首 河波 定昌 さきに「名体不離」について述べました。すなわち阿弥陀仏の名号と阿弥陀仏ご自身の三身四智等の一切の功徳等の内容とが一体であるとのことを述べました。そしてそれを展開されたのが法然

カテゴリー: 上首法話, 月刊誌「ひかり」, 法話

名号の不思議03

名体不離について 光明修養会上首 河波 定昌 私たちは日常的には巷に流れる音や声の世界の中で生きています。しかしながらその音や声には私たちが想像する以上に心の奥底、否、宇宙の根源にまでかかわり、その音声の生じる根源は私た

カテゴリー: 上首法話, 月刊誌「ひかり」, 法話

名号の不思議02

──超越即内在の動態(ダイナミズム)── 光明修養会上首 河波 定昌 名号はあらゆる人間のいとなみの中でも実に不思議の極みであります。副題に掲げた超越即内在(あるいは内在即超越)における殆ど死語ともなっている超越や内在と

カテゴリー: 上首法話, 月刊誌「ひかり」, 法話

名号の不思議01

光明修養会上首 河波 定昌 本年[※1]は法然上人滅後800回忌を迎えることになりました。そして法然上人の出現は浄土宗の開創、すなわち「南無阿弥陀仏」の名号によってすべての人びとが救われてゆくというただその一点に集約され

カテゴリー: 上首法話, 月刊誌「ひかり」, 法話